Now Loading...
ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰め

2012.10.1

最近、この本を読んで、実験心がむくむくとわいてきました。 「美味しさの常識を疑え! 強火をやめると、誰でも料理がうまくなる!」 (講談社の実用BOOK)/水島 弘史 ¥1,365 Amazon.co.jp 読み進めるうちに、どうしても実験してみたくなったのは「ピーマンの肉詰め」 そんなページがあるわけではありません。 でも、焼き縮みしないハンバーグが焼けるのなら、いつもピーマンがペロンとはがれてしまって悔しい肉詰めも、きっと上手にできるはず!!! そう思いつつ、今日のお昼ごはんに、産後のお友達の所にヘルプに行った時、そろそろジャンクも欲しかろう。(娘ちゃんも一緒に御飯だしね)と思って、とり胸肉を近所で購入して持参。 小さなスーパーの普通の鶏肉。 一番厚い所に1本切れ目を入れて、塩をして冷たいフライパンで焼く。 何も言わずに出したその鳥肉。 食べたお友達が・・・ 「ねぇ、この鶏肉ものすごくしっとりしてる!まるで蒸したみたい。だけど皮はパリッとしてるね!どうやったの???」 塩して焼いただけだよ~というと、びっくりしている様子。 そこで本の説明をして、二人でこれはおいしいね!と。 その後、ダブって買われていたもやしも使わないとダメになりそう… ということで、もやしとピーマンの炒め物も弱火で炒めて作成。 それも食べてみた友達が・・・ 「ピーマンがすごくきれいな色をしているし、もやしもしゃきしゃき!今まで私達が強火で炒めてきたあれはなんだったの!?」と。 うう~~~~~ん。 おもしろい!!!!! という事で、今日の晩御飯はピーマンの肉詰めです!!! 材料はシンプルに。 豚ひき肉 300g 玉ねぎ 1/2個 みじん切り 塩、こしょう ピーマン 6個(1/2に切って種の部分をとる) 1.玉ねぎをみじん切りにする。ひき肉に塩コショウを入れよく練り合わせる。 玉ねぎも入れて混ぜておく。 2.ピーマンに詰める。(あえて小麦粉ははたかずに作りました) 3.冷たいフライパンに油をひいて肉の面を下にして入れる。 弱火で焼く!!!!!途中、水は拭き取る。 4.焼き上がったら皿に盛り付け、残った肉汁に酒を入れ煮切り、ケチャップ、ソース、醤油を入れ煮詰める。 結果は・・・・・ ひとつもピーマンがはがれませんでした!!!!!!! すごい!!!!!!!!! しかも、とってもジューシー!!!!!!!!!! ピーマンはパリッと歯ごたえ良く。 うう~~~~~~ん。 弱火調理、面白い!!!!!!!!! まだまだ実験は続きそうです。 本がとってもおもしろかったので、ぜひ読んでみてね~~~~。