Now Loading...
メタボより怖い?!サルコペニア肥満って?! その1

メタボより怖い?!サルコペニア肥満って?! その1

2016.8.5

【メタボより怖い?!サルコペニア肥満って?!】その1 皆さんは聞いたことありますか? 【サルコペニア肥満】 私はいまの食事を始めるまで知りませんでした。 定義としては… 「 “サルコペニア肥満”とは、加齢によって筋肉が減り、脂肪が増えることなのですが、見た目では分からないため、気づきにくいかもしれません。」 そう。 見た目では分かりにくいんです。 筋肉が落ちて、代わりに脂肪が多くなり、見た目には若いときとあまり変わらない。 数値的には体脂肪率が上がっていくけど、体重は変わらない…など。 年齢を重ねた人がなりやすいわけですが、近年では若い女性にも増えています。   しかも! これが、メタボよりたちが悪く。高血圧、糖尿病などの生活習慣病のリスクは13倍にもなるらしいです。 さらに、ダイエットしても痩せにくい。 筋肉が落ちて代謝が下がってるからね。(^_^;))) そもそも筋肉が落ちているので、率先して運動したいという気持ちが沸かず、日常生活で疲れやすいのもネックです。 じゃあ、どれくらいからサルコペニア肥満なの? いくつか指標はあります。 1,BMIが25%以上 2,筋肉率が女性22%以下、男性27.5%以下 3,手足が細くお腹回りだけがぽこっと出ている。 4,下記の運動ができない。 ・手を胸の前で組んだ状態で椅子に座った後、片足だけで立ちあがる ・片足立ちの状態のままで靴下をはく ・片足で立った状態で60秒間キープする 上記の3つの動作のうち1つでも出来なかった場合は、サルコペニア肥満あるいはその予備軍の可能性があります。 私は大丈夫?! 気になってきましたよね。 その2では、筋肉率と筋肉量の出し方と、その見方について書こうと思います!